FC2ブログ

プロフィール

やまぴこ管理人

Author:やまぴこ管理人
大阪府在住。
マローダー250とグランドアクシスに乗ってます。
O型
ブログ初心者。
リンクフリーです。
コメントしてくださる方、有難うございます!
ブログお持ちの方はURL入れてくださいね♪


最新記事


広告


カテゴリ


最新コメント


月別アーカイブ


ブログランキング


フリーエリア


検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

163号線を自転車で走りました。

自転車で163号線を山の向かって走りました。

目標はトンネルの入り口!!

JR東西線を少し越えた辺りまでは気持ちよく走れました、しかし和食のさとのある交差点の辺りからいきなり連続地獄モードに突入ですw

1631.jpg

まだ半分も登ってませんが、心臓バクバクです!AEDが置いてそうな施設もみあたりません!

何とか心肺停止せずにトンネルまでいけるよう、少しペースダウンしました。

1632.jpg

川が流れていました。

清滝と言うぐらいですから滝があるんですかね。

1633.jpg

団地の入り口付近です。

団地の中の自動販売機でジュースを買いました、写真を撮り忘れましたが、団地からの眺めもすごそうです。

この辺りに、ファミレスでもあれば、夜景を楽しみながら食事が出来て、いいのになぁ。

1634.jpg

もう少し登ると急に民家などの建物が少なくなって、山の中っぽくなります。

1635.jpg

ひょえ~、あともうちょっとですが、ここからさらに傾斜がきつくなってます、心が折れそうです。

もう押して歩いてる時間の方が長いですw

1636.jpg

やっと橋まで来ました。

汗だくです。

1637.jpg

トンネルの高さを越えたのでゴールとしますw

向こう側になんかありそうですが、体力の限界です。


帰りは楽だろうと思っていたのですが、ママチャリのブレーキでは役不足だったようで、かなり怖かったです。

止まろうと思っても、急には止まれませんw 制動距離が長すぎて、いつまでも止まれない感じです。

あとブレーキが壊れそうでした。

自転車のタイヤの空気が減りやすい。

去年の年末、自転車が盗まれて、急遽、中古自転車を買いました。

そろそろ半年ですが、少し空気が減るのが早いかな~って思ってます。

ネットで色々原因を調べていると、2つ関係ありそうな事が書いてあったので、実践してみる事に。

s-P5250109.jpg

↑一つはこれ、100円ショップなどで買える自転車空気ボンベ。

一瞬で空気が入り、楽だし、出先でも使えるのでお気に入りのアイテムです。

しかし、中に入っているLPGガスは空気より抜けやすいらしいです、最近コレばかり使ってたので、中のガスの濃度が、高くなっていたのかもしれません。

そしてもう一つは、スーパーバルブと言うバルブに付け替えると空気が抜けにくくなると言う事です。

s-P5250107.jpg

↑名前が簡単バルブセットとなっていますが、形からして多分同じ物だと思います。

なぜか、パンク修理の説明書付ですw

中を確認した所、バルブの交換の説明書ではなく、ホントにパンク修理の仕方が書いてありました。

バルブの交換方法は、使用方法として、箱の裏にかいてあるので安心です。

s-P5250108.jpg

ダイソーで購入しました。

虫ゴム式の10倍長持ちすると書かれています、これは期待できそうです。

使ってみて良かったら、折りたたみ自転車もコレに変えたいと思います。

第二京阪の側道を自転車で走ってみました。

車やバイクでは何度も走りましたが、せっかく側道もあるので、自転車で少し走ってみました。

とりあえず、景色の良さそうな枚方方面に向かって走りました。

P5160041.jpg

170号線を越えた辺りから急な上り坂が続きます、正直しんどかったです。

P5160046.jpg

ほんとに長かった、、、久しぶりにこんな心臓破りの阪を登りました。

P5160043.jpg

とりあえずの一番上まで登って体力の限界がきたので、少し休憩です。

さらにここからアップダウンの繰り返しで、気絶しそうになったので、引き返して、寝屋川公園で休憩して帰りましたw

P5160054.jpg

噴水があって子供たちが遊んでいました。

一応、噴水には近づいてはいけないと看板が立っていましたが、入って何かあった場合自己責任とも書いてあるので、皆さん、自己責任で、おもいっきりビショビショになって、はしゃいでいました。

タイヤはパンクでした。

タイヤを外して、とりあえず、どこから空気が抜けているのか、調べます。

今回は、ホームセンターなどで売っている、衣類を入れる為の半透明なボックスに水を張って、タイヤを半分づつ入れながら調べました。

P3010050.jpg

↑タイヤを沈めて、泡が出ている場所を調べます。

一番怪しいと思っていた、ゴムバルブは無事でした。

空気の漏れが少ないので、発見には時間をかけないとダメだろうと思っていましたが幸運にも、5分ほどで発見できました。

刺さっていたのはネジ釘でしたが、頭の部分は無くなってました。

P3020053.jpg

↑パンク修理キットで修理をして、車に取り付けて作業完了です。


作業は自己責任でお願いします、責任は負いかねます。

スペアタイヤに交換。

やっと、スペアタイヤに交換しました。

P2270035.jpg

↑まず、ジャッキアップポイントにジャッキをセットします。
あらかじめ、ある程度の高さまでジャッキを手で回して広げておくと、楽です。

ジャッキを回して、タイヤが地面から離れてしまわない程度に少し車体を上げます。

かなりのトルクがかかっているので、外すときは、足でレンチを踏んで緩めました。

P2270029.jpg

↑対角線にボルトを緩めていきます。

外したタイヤは、作業が終わるまで、タイヤを外した側の車体のしたにおいておきます。
万が一ジャッキが外れてしまった場合、被害を最小限に抑える為です。


P2270040.jpg

タイヤを取り付け、対角線上に少しずつボルトを締めていきます。
まず、手で閉めて、軽くレンチで締めて、ジャッキを少し落してトルクレンチで50N・mに締めてから、規定トルクで締めました。
電話で確認した所、10キロと言っていたので約、102N・mぐらいでしょうか。

最後にジャッキを完全に落して終了です。

ボルトは、錆びや、固着で硬くなっているので、外した時の感覚で、足で踏んで締め付けると完全にオーバートルクになってしまいます、緊急時以外は、できるだけトルクレンチを使いましょう。


作業は自己責任でお願いします、責任は負いかねます

«  | ホーム |  » page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。