FC2ブログ

プロフィール

やまぴこ管理人

Author:やまぴこ管理人
大阪府在住。
マローダー250とグランドアクシスに乗ってます。
O型
ブログ初心者。
リンクフリーです。
コメントしてくださる方、有難うございます!
ブログお持ちの方はURL入れてくださいね♪


最新記事


広告


カテゴリ


最新コメント


月別アーカイブ


ブログランキング


フリーエリア


検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

パンタグラフジャッキで生き残ろう!

近年、海外などで大きな地震が、各地で甚大な被害をもたらしていますね。

日本でも東南海地震など、近い将来大きな地震がおきると言われています。

巨大地震などの被害で、瓦礫などに閉じ込められてしまった場合、いたる所で要救助者がいる為、消防やレスキューが迅速に来られるとは限りません。

待っている間に、火災の火がこっちに向かって来るかもしれません。

もちろん、余裕があれば、素人が、瓦礫に手を出すのは避けるべきかもしれませんが、家族が瓦礫に閉じ込められて、すぐそこまで火が来ているとなれば、そうも言ってられません。

そこで、以外な万能アイテム、パンタグラフジャッキの緊急時の使い方を紹介します。

注:あくまで、緊急時の場合、少しでも助かる可能性を探る為の使い方です。
  うまくいかない場合もあると思いますし、普段は普通の使い方以外はお勧めしません。


P4270023.jpg

これがパンタグラフジャッキです。

P4270024.jpg

タイヤ交換などで、自動車の車体を持ち上げるのに使いますので、かなりの力があります。

P4270026.jpg

この穴に棒を通して回せば、広がっていく仕組みです。

P4280027.jpg

↑この様に、家具や瓦礫に、はさまってしまった場合の使用が、有効と考えられますが、どこにジャッキを設置すればよいでしょう?

図の右側に大きめの石があり、上の瓦礫を支えています、その隙間に要救助者が挟まれているので、石と体の間にジャッキを設置するのが無難でしょう。

ジャッキが重量オーバーで壊れてしまうかもしれないので、少し持ち上がったら、何か丈夫な物を差し込んで瓦礫が落ちないよう、対策しましょう。

P4280028.jpg

そのほかにも、上の図の様に、横向きや、より大きな隙間も、ブロックや木材などを挟む事で使う事が出来ます。

重量によっては、丈夫なイスなども使えるかもしれません。

丈夫で適度なサイズの隙間があれば、万力のような使い方も出来るので、パイプを曲げたりする時に使えます。(例えば道路の溝など)

他にもロープなどがあれば、いろいろ応用できます。


自分が閉じ込められた場合も外の人に、とってきてもらえるかも知れませんし、自分の車ならガラスを割ってでも取って来てほしいとお願いも出来ます。

車が無い人は、目の前で、家族が死にそうな場合、たとえ他人の車でも使ってしまうかもしれませんね。

僕は、車の中以外に、バイク用に、押入れに一個置いてますが、防災グッズとしてもかなり使えると思います。



大橋産業No.1353パンタグラフジャッキ1000Kg用


«  | ホーム |  » page top